除毛クリームはニオイが気になるというけれど…?

脱毛クリーム

昔、除毛クリームといえばとても臭いクリームでした。現代でもその頃の嫌な思い出が残っている人は多く、除毛クリームに対してあまり良いイメージを持っていない人が多いのも事実です。

 

除毛クリームの臭いのもととなる成分はチオグリコール酸カルシウムという成分であり、この成分があの嫌な臭いを発生させているのです。

 

それならこの成分を取り除けば良いのではと思うでしょうが、この成分が除毛には不可欠なので、これを取除くということは、除毛クリーム自体を無くしてしまうことになってしまうので、それはできません。

 

確かに、昔の除毛クリームはきつい臭いがあり、塗っているととても臭くなり、外に出なければ良いのですが、常に外出していなければならないような女性の場合、仕事中などに臭うこともありました。そのせいで除毛クリームは敬遠してしまうという人もいます。

 

しかし、安心して下さい。現代ではその頃の反省を生かし、除毛クリームはそれほど気にならない程度まで臭いを抑えることに成功しています。これはあの臭いがきつい時代からの開発をくり返してきた結果であり、企業努力の成果と言えるでしょう。

 

上記でご紹介した、チオグリコール酸カルシウムは確かに臭いのきつい成分です。そしてこれが除毛に不可欠であることもお伝えしました。ただ、完璧な成分というものはこの世に存在しません。メリットがあればデメリットもあるのが普通です。

 

幸い、現代では除毛クリームを作っているメーカーが各社独自の方法を用いて、この臭いを除去する方法を編み出しており、これによって現代の除毛クリームは素晴らしい出来になっています。敬遠していた方はぜひとも、再び試してみていただきたいと思います。