カミソリでの処理と脱毛クリームとの違いは?

脱毛クリーム

カミソリでムダ毛を処理すると、チクチクとしたり、黒いボツボツとした汚い毛穴になってしまいますよね。では脱毛クリームでの処理はどうなのでしょうか?

 

脱毛クリームで処理するとカミソリでのお手入れのようにチクチクとしたりすることはありませんし、毛が伸びてくるスピードも緩やかになります。カミソリでお手入れした後の肌はジョリジョリとしたりチクチクとしたり、とにかく不快な感触がするので、満足な除毛とはいえませんよね。

 

カミソリで剃った毛は断面が太くなったり、斜めにカットされて鋭く尖った状態になりますから、そんな状態のまま伸びてくるとチクチクして痛いのは当たり前なのです。

 

 

その点、脱毛クリームの場合はアルカリ性の液で毛を溶かして除毛するわけですから、毛先が鋭利なままだったり太い断面のまま伸びてくることはありません。だからチクチク感などもないのです。

 

カミソリでの除毛はなんといっても簡単でスピーディーではありますが、毛を除去する一方でお肌の大切な角質をも一緒に削ぎ落としてしまいます。これにより乾燥肌になったり炎症を起こして、深刻な肌トラブルの元になったりもするのです。

 

チクチクする上に太い断面の毛が伸びてくると、さらに見た目が悪くなることも有り得ます。確かに除毛クリームもアルカリ性ですから、お肌への刺激という点では肌に刺激となるデメリットは否めません。しかしカミソリよりも使用する頻度は少なくて済みますから、一度試してみる価値はあると思いますよ。